FC2ブログ

ひでとりくんが勝手に金相場の予想をします。             最新ニュースなども盛り込んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月29日:金予想


今日の上昇確率は53%、下落確率は47%


28日の金は小幅上昇。

取引終了にかけてドルが下落し、金は買いがやや優勢となった。

今日は日本時間21時30分にある、1~3月期米GDP改定値が重要。

結果次第では大きく動くかも。


スポンサーサイト

5月28日:金予想


今日の上昇確率は20%、下落確率は80%


27日の金は小幅上昇。

最近の下落から押し目買いが入って、やや買い優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



5月27日:金予想


今日の上昇確率は47%、下落確率は53%


26日の金は下落。

ドル高が進み、金は売り優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



5月26日:金予想


今日の上昇確率は49%、下落確率は51%


25日の金は小幅上昇。

ドル安が進み、金は買いがやや優勢となった。

今日は日本時間23時にある、4月米新築住宅販売件数が重要。

結果次第では大きく動くかも。



5月25日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


先週末の金は小幅下落。

米消費者物価指数のコア指数が市場予想よりも強く、金は売りがやや優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



5月22日:金予想


今日の上昇確率は51%、下落確率は49%


21日の金は下落。

米新規失業保険申請件数が市場予想よりも強く、金は売り優勢となった。

今日は日銀金融政策決定会合、15時30分からある黒田日銀総裁の定例記者会見、21時30分にある4月米CPI(消費者物価指数)、CPIコア指数(エネルギーと食品除く)、深夜2時からああるイエレンFRB議長の講演が重要。

内容次第では大きく動くかも。


5月21日:金予想


今日の上昇確率は43%、下落確率は57%


20日の金は上昇。

FOMC議事要旨を受け、6月利上げはないとの見方が強まり、買いが優勢となった。

今日は日本時間20時30分にある、ECB理事会議事要旨(4月15日分)が重要。

内容次第では大きく動くかも。


5月20日:金予想


今日の上昇確率は34%、下落確率は66%


19日の金は下落。

ECBの追加緩和観測をきっかけに、対ユーロでドル高が加速し、金は売り優勢となった。

米住宅指標改善も金の売り要因となった。

今日は日本時間深夜3時にある、FOMC議事要旨(4月28~29日分)が重要。

内容次第では大きく動くかも。



5月19日:金予想


今日の上昇確率は56%、下落確率は44%


18日の金は小幅上昇。

材料難からもみ合いの展開が続いたが、ドル高が進み、金は買いがやや優勢となった。

今日は日本時間18時にある、4月ユーロ圏消費者物価指数が重要。

結果次第では大きく動くかも。



5月18日:金予想


今日の上昇確率は44%、下落確率は56%


15日の金は上昇。

米消費者態度指数が市場予想を下回り、利上げの時期が後ずれ観測となり、買いが優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



5月15日:金予想


今日の上昇確率は47%、下落確率は53%


14日の金は上昇。

ドル安が進み、金は買い優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



5月14日:金予想


今日の上昇確率は52%、下落確率は48%


13日の金は大幅上昇。

4月米小売売上高が市場予想を下回り、ドル安が進んだことから、金は買い優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



5月13日:金予想


今日の上昇確率は18%、下落確率は82%


12日の金は上昇。

ドル安の進行や株安の進行で、金は買いが優勢となった。

原油の上昇も買い要因となった。

今日は日本時間18時にある1~3月期ユーロ圏GDP速報値、21時30分にある4月米小売売上高が重要。

結果次第では大きく動くかも。



5月12日:金予想


今日の上昇確率は45%、下落確率は55%


11日の金は下落。

EUがギリシャ支援に傾いてきたことから、金は売りが優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



5月11日:金予想


今日の上昇確率は71%、下落確率は29%


先週末の金は上昇。

米雇用統計で賃金の伸びが市場予想を下回り、利上げの時期が遠のくとの観測から、金は買い優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


5月8日:金予想


今日の上昇確率は57%、下落確率は43%


7日の金は下落。

ドル高が進み、金は売り優勢となった。

米新規失業保険申請件数が市場予想を下回ったことが要因。

今日は日本時間21時30分にある、4月米雇用統計が重要。

結果次第では大きく動くかも。



5月7日:金予想


今日の上昇確率は66%、下落確率は34%


6日の金は下落。

イエレンFRB議長が債券利回り急上昇の可能性に言及し、売りが優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



5月6日:金予想


今日の上昇確率は48%、下落確率は52%


5日の金は上昇。

ドル安が進み、金は買い優勢となった。

原油価格の上昇も金の買い要因となった。

今日は日本時間21時15分にある4月ADP全米雇用報告、22時15分からあるイエレンFRB議長の講演が重要。

内容次第では大きく動くかも。


5月5日:金予想


今日の上昇確率は32%、下落確率は68%


4日の金は上昇。

中国で追加刺激策が講じられるとの観測が広がり、買い優勢となった。

今日は日本時間23時にある、4月米ISM非製造業指数が重要。

結果次第では大きく動くかも。



5月4日:金予想


今日の上昇確率は44%、下落確率は56%


先週末の金は下落。

ドル高が進み、金は売り優勢となった。

米利上げへの警戒感が売り要因となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



5月1日:金予想


今日の上昇確率は60%、下落確率は40%


30日の金は大幅下落。

先週の米失業保険申請件数が低水準となったことを受け、売りが優勢となった。

今日は日本時間23時にある、4月米ISM製造業景気指数が重要。

結果次第では大きく動くかも。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。