FC2ブログ

ひでとりくんが勝手に金相場の予想をします。             最新ニュースなども盛り込んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月30日:金予想


今日の上昇確率は54%、下落確率は46%


29日の金は大幅下落。

米国株が大きく上昇し、金は売りが優勢となった。

今日は日本時間19時にある1月ユーロ圏消費者物価指数速報値、22時30分にある10~12月期米GDPが重要。

結果次第では大きく動くかも。


スポンサーサイト

1月29日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


28日の金は下落。

FOMCで景気と労働市場の判断が引き上げられ、売りが優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



1月28日:金予想


今日の上昇確率は53%、下落確率は47%


27日の金は上昇。

米国株が大きく下落したことにより、金は買いが優勢となった。

今日は日本時間深夜4時にある、FOMC、政策金利発表が重要。

内容次第では大きく動くかも。




1月27日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


26日の金は下落。

ギリシャ総選挙で反緊縮派が勝利したものの、ユーロ離脱には至らないとの見方が広がり、金は売り優勢となった。

今日は日本時間深夜0時にある、12月米新築住宅販売件数が重要。

結果次第では大きく動くかも。



1月26日:金予想


今日の上昇確率は48%、下落確率は52%


先週末の金は下落。

1300ドル台を久しぶりに付けたこともあり、利益確定の売り優勢となった。

ドル高も売り要因となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


1月23日:金予想


今日の上昇確率は54%、下落確率は46%


22日の金は上昇。

ECBが量的緩和を決め、金の買いに繋がった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


1月22日:金予想


今日の上昇確率は51%、下落確率は49%


21日の金は下落。

一時1300ドルを突破したが、利益確定の売りが優勢となった。

ドル高が進んだことも売り要因となった。

今日は日本時間21時45分にあるECB定例理事会、政策金利発表、22時30分からあるドラギECB総裁の定例記者会見が重要。

内容次第では大きく動くかも。



1月21日:金予想


今日の上昇確率は51%、下落確率は49%


20日の金は上昇。

ECBの追加緩和への期待で、買いが優勢となった。

今日は日銀金融政策決定会合、15時30分からある黒田日銀総裁の定例記者会見が重要。

内容次第では大きく動くかも。


1月20日:金予想


今日の上昇確率は65%、下落確率は35%


19日の金は下落。

米国が休みで小動きとなる中、ポジション調整の売りがやや優勢となった。

今日は日本時間11時にある、10~12月期中国GDPが重要。

結果次第では大きく動くかも。


1月19日:金予想


今日の上昇確率は45%、下落確率は55%


先週末の金は上昇。

スイス国立銀行がユーロに対する上限を撤廃したことを受け、安全資産とされる金買いが優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。

米国はキング牧師誕生日で休場。


1月16日:金予想


今日の上昇確率は70%、下落確率は30%


15日の金は大幅上昇。

スイス国立銀行(SNB)が対ユーロの上限撤廃をし、安全資産としての金買いに繋がった。

今日は日本時間19時にある12月ユーロ圏消費者物価指数改定値、22時30分にある12月米CPI(消費者物価指数)、CPIコア指数(エネルギーと食品除く)が重要。

結果次第では大きく動くかも。



1月15日:金予想


今日の上昇確率は58%、下落確率は42%


14日の金は小幅下落。

12月米小売売上高が市場予想を下回り、一時買いが優勢だったが、原油が引けにかけて急伸し、安全資産としての金買いから一転して売りに繋がった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



1月14日:金予想


今日の上昇確率は67%、下落確率は33%


13日の金は小幅下落。

株の値動きを見ながら、上下を繰り返したが、終盤で売りがやや優勢の展開となった。

今日は日本時間22時30分にある、12月米小売売上高が需要。

結果次第では大きく動くかも。





1月13日:金予想


今日の上昇確率は46%、下落確率は54%


12日の金は上昇。

ドル買い圧力が後退し、ドル売りが優勢になると、金は買いが優勢となった。

株安も金の買い要因となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


1月12日:金予想


今日の上昇確率は69%、下落確率は31%


先週末の金は上昇。

12月米雇用統計の結果を受け、一時売り優勢となったが、原油や株価の下落に伴い、買い優勢に転じる結果となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



1月9日:金予想


今日の上昇確率は57%、下落確率は43%


8日の金は下落。

ドル高が進み、金は売り優勢となった。

米国の利上げ見通しが高まっていることも売り要因となった。

今日は日本時間22時30分にある、12月米雇用統計が重要。

結果次第では大きく動くかも。



1月8日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


7日の金は下落。

原油や株価の反発により、金は売り優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



1月7日:金予想


今日の上昇確率は48%、下落確率は52%


6日の金は上昇。

ギリシャ問題や原油相場の下落、株安の進行を受け、安全資産としての金買いの展開となった。

今日は日本時間19時にある12月ユーロ圏消費者物価指数速報値、22時15分にある12月ADP全米雇用報告、深夜4時にあるFOMC議事要旨(12月16~17日分)が重要。

内容次第では大きく動くかも。

1月6日:金予想


今日の上昇確率は52%、下落確率は48%


5日の金は上昇。

世界的な株安を背景に、金は買いが優勢となった。

今日は日本時間深夜0時にある、12月ISM非製造業指数が重要。

結果次第では大きく動くかも。

1月5日:金予想


今日の上昇確率は53%、下落確率は47%


先週末の金は上昇。

一時急落したものの、12月米ISM製造業景気指数が市場予想を下回ったことで、上昇に転じた。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


1月2日:金予想


今日の上昇確率は47%、下落確率は53%


31日の金は下落。

ドル高が進み、金は売り優勢となった。

今日は日本時間深夜0時にある、12月米ISM製造業景気指数が重要。

結果次第では大きく動くかも。


1月1日:金予想


元旦のため、休場。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。