FC2ブログ

ひでとりくんが勝手に金相場の予想をします。             最新ニュースなども盛り込んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月31日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


30日の金は下落。

4~6月期の米GDPが市場予想よりも強く、金は売りが優勢となった。

さらに、FOMCが6会合連続で債券購入プログラムを100億ドル縮小することを決め、金の売り要因となった。

今日は日本時間18時にある、7月ユーロ圏消費者物価指数速報値が重要。

結果次第では大きく動くかも。


スポンサーサイト

7月30日:金予想


今日の上昇確率は57%、下落確率は43%


29日の金は下落。

ドル高が進む中、金は売り優勢の展開となった。

しかし、ウクライナやパレスチナ情勢緊迫に対する不安が高く、下値も堅かった。

今日は日本時間21時30分にある、4~6月期米GDP速報値、深夜3時にあるFOMC、政策金利発表が重要。

内容次第では大きく動くかも。


7月29日:金予想


今日の上昇確率は61%、下落確率は39%


28日の金は小幅下落。

FOMCを控えて様子見の展開となったが、売りがやや優勢だった。

ウクライナで政府軍と反政府軍の戦闘が激化していることもあり、下値も限られた。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


7月28日:金予想


今日の上昇確率は36%、下落確率は64%


先週末の金は上昇。

ウクライナをめぐる緊張感の高まりから、買いが優勢となった。

週末ということもあり、ポジション調整の買い戻しも見られた。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。



7月25日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


24日の金は下落。

米失業保険申請件数が市場予想よりも少なく、景気回復への期待が高まったことから、金は売りが優勢となった。

また、ドル高が進んだことも金の売り要因となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


7月24日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


23日の金は小幅下落。

ウクライナ東部で戦闘機2機が撃墜されるなど、一時、同国の情勢不安が高まり買いが優勢となったが、終盤は利食い売りが優勢の展開となった。

米国株が上昇したことも金の売り要因となった。

今日は日本時間23時にある、6月米新築住宅販売件数が重要。

結果次第では大きく動くかも。


7月23日:金予想


今日の上昇確率は53%、下落確率は47%


22日の金は下落。

6月米消費者物価コア指数が市場予想を下回り、一時買いが優勢となったが、その後に発表された6月米中古住宅販売件数が市場予想を上回ると、今度は売り優勢の展開となった。

米金融当局が予想よりも早期に利上げを実施するとの観測が高まっていることも、売り要因となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


7月22日:金予想


今日の上昇確率は57%、下落確率は43%


21日の金は小幅上昇。

引き続きウクライナやイスラエル情勢への懸念がある中、買いがやや優勢の展開となった。

今日は日本時間21時30分にある、6月米CPI(消費者物価指数)、CPIコア指数(エネルギーと食品除く)が重要。

結果次第では大きく動くかも。


7月21日:金予想


今日の上昇確率は64%、下落確率は36%


先週末の金は下落。

利食い売りが優勢となり、下落した。

前日にマレーシア航空機がウクライナ東部で墜落したが、状況がエスカレートしてないようであることから、利食い売り優勢の展開となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


7月18日:金予想


今日の上昇確率は49%、下落確率は51%


17日の金は上昇。

ウクライナ上空でマレーシア航空機が撃墜され、安全資産としての金買いが優勢となった。

前日に米国がロシアへの制裁を強化したタイミングでもあり、ウクライナ情勢への懸念の高まりから、買いに繋がった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


7月17日:金予想


今日の上昇確率は67%、下落確率は33%


16日の金は上昇。

インドの6月の金輸入が65%急増したことで、買いが優勢となった。

イエレンFRB議長の下院での議会証言では特に変化はなかったが、FRBがかなりの期間にわたって超低金利政策を維持することも金の買い要因になった。

今日は日本時間18時にある、6月ユーロ圏消費者物価指数改定値が重要。

結果次第では大きく動くかも。


7月16日:金予想


今日の上昇確率は55%、下落確率は45%


15日の金は下落。

イエレンFRB議長が議会証言で「労働市場がFOMCの予想より早く改善し続ければ、利上げは予想より早くなりペースも早くなるだろう」と述べたことでドル高が進行し、金は売り優勢となった。

また、ポジション調整でも売りが見られた。

今日は日本時間11時にある4~6月期中国GDP、23時からあるイエレンFRB議長の下院金融サービス委員会での証言が重要。

内容次第では大きく動くかも。


7月15日:金予想


今日の上昇確率は52%、下落確率は48%


14日の金は大幅下落。

ポルトガルの銀行不安が和らぎ、株高が進んだことから、金は売りが優勢となった。

今日は日銀金融政策決定会合、15時30分からあある黒田日銀総裁の定例記者会見、21時30分にある6月米小売売上高、23時からあるイエレンFRB議長の議会証言が重要。

内容次第では大きく動くかも。


7月14日:金予想


今日の上昇確率は52%、下落確率は48%


先週末の金は小幅上昇。

ポルトガルの大手銀行をめぐる問題で、政府と中央銀行が投資家の懸念払拭に努める中、金買いは撤退した。

しかし、イスラエル軍がガザを空爆するなど、中東の地政学的緊張が高まっていることから、金はやや買いが優勢の展開となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


7月11日:金予想


今日の上昇確率は55%、下落確率は45%


10日の金は上昇。

ポルトガル第2の銀行の親会社が短期債務の返済をしなかったことから、ユーロ圏への懸念が再燃し、安全資産としての金買いに繋がった。

株安が進んだことで、金は買いが優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


7月10日:金予想


今日の上昇確率は56%、下落確率は44%


9日の金は上昇。

FOMC議事要旨で、「出口戦略についての議論は速やかな実施を意味するものではない」と言及されたことから、ドル安がす進み、金は買いが優勢となった。

また、「投資家が景気見通しに過度な安心感を抱いている可能性」について言及されたことも、金の買い要因となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


7月9日:金予想


今日の上昇確率は63%、下落確率は37%


8日の金は小幅下落。

株価の下落もあって一時買いが優勢となったが、その後は利食い売りが優勢となり、下落の展開となった。

今日は日本時間深夜3時にある、FOMC議事要旨(6月17~18日分)が重要。

内容次第では大きく動くかも。


7月8日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


7日の金は小幅下落。

先週の良好な6月米雇用統計の影響で、売りがやや優勢となった。

米金融当局の利上げ時期予想が前倒しになる中、売りがやや優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


7月7日:金予想


今日の上昇確率は51%、下落確率は49%


先週末の金は小幅上昇。

米国が独立記念日で休場の中、薄商いとなった。

前日の下落からやや持ち直し、小幅上昇となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


7月4日:金予想


今日の上昇確率は47%、下落確率は53%


3日の金は下落。

6月米雇用統計が市場予想よりも強く、売りが優勢の展開となった。

また、米国の独立記念日の連休を前に、ポジション整理の売りも見られた。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。

米国は独立記念日で休場。


7月3日:金予想


今日の上昇確率は15%、下落確率は85%


2日の金は小幅上昇。

イエレンFRB議長が低金利の継続を改めて示したことから、買いがやや優勢となった。

今日は日本時間20時45分にあるECB定例理事会、政策金利発表、21時30分からあるドラギECB総裁の定例記者会見、21時30分にある6月米雇用統計、23時にある6月ISM非製造業指数が重要。

内容次第では大きく動くかも。


7月2日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


1日の金は小幅上昇。

先週末の流れを引き継ぎ、買いがやや優勢となった。

また引き続き、イラク情勢やウクライナ情勢の悪化も買い要因となった。

今日は日本時間深夜0時からある、イエレンFRB議長の講演が重要。

内容次第では大きく動くかも。


7月1日:金予想


今日の上昇確率は69%、下落確率は31%


30日の金は上昇。

ドル安の進行やイラク情勢悪化に対する懸念で、買いが優勢の展開となった。

今日は日本時間23時にある、6月米ISM製造業景気指数が重要。

結果次第では大きく動くかも。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。