FC2ブログ

ひでとりくんが勝手に金相場の予想をします。             最新ニュースなども盛り込んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月29日:金予想


今日の上昇確率は59%、下落確率は41%


28日の金は上昇。

ニューヨーク市場が感謝祭で休場であったため、様子見になりがちな展開であった。

しかし、アジア市場で中国勢の安値拾いの買いが入ったことから、上昇することとなった。

今日は日本時間19時にある、11月ユーロ圏消費者物価指数速報値が重要。

結果次第では大きく動くかも。

なお、米国は感謝祭翌日で、債券、株式、商品市場が短縮取引。


スポンサーサイト

11月28日:金予想


今日の上昇確率は63%、下落確率は37%


27日の金は下落。

核兵器も搭載可能な米軍のB52爆撃機2機が中国の設定した空域に入ったとのニュースを受け、一時、買いが優勢となった。

しかし、その後、米消費者信頼感指数の上昇が市場予想を上回ったことでドル高が進み、金は一転して売りが優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


11月27日:金予想


今日の上昇確率は64%、下落確率は36%


26日の金は下落。

一時、前日高値を上抜いたものの、UBSの貴金属アナリストが今後1ヶ月、3ヶ月の目標価格を1180ドル、1100ドルとしたことから、売りが優勢となった。

また、9月ケース・シラー住宅価格指数が市場予想よりも強かったことも売り要因となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


11月26日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


25日の金は上昇。

イランの核開発問題を巡る国際協議の合意を受け一時売りが優勢となったが、割安感からの買いが入り大きく反発する展開となった。

今日は日本時間23時にある、9月米ケース・シラー住宅価格指数が重要。

結果次第では大きく動くかも。


11月25日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


先週末の金は小幅上昇。

ドル指数の下落によって、やや買いが優勢となった。

しかし、米量的緩和の早期縮小観測が広がるなか、上値は重かった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


11月22日:金予想


今日の上昇確率は48%、下落確率は52%


21日の金は小幅下落。

FOMC議事要旨の内容を受けて、売り優勢で推移した。

米金融当局が数ヶ月以内に債権購入を縮小する観測が広がっていることや、米失業保険申請件数が市場予想よりも強かったことから、売りが優勢となった。

今日は日本時間17時30分からある、ドラギECB総裁の講演が重要。

内容次第では大きく動くかも。


11月21日:金予想


今日の上昇確率は52%、下落確率は48%


20日の金は大幅下落。

注目のFOMC議事要旨で、一部の委員が改善の兆しがなくても緩和縮小に着手すべきとしたことや年内縮小開始を支持していたことから、大きく下落する展開となった。

今日は日銀金融決定政策会合、15時30分からある黒田日銀総裁の定例記者会見、19時からあるドラギECB総裁の講演が重要。

内容次第では大きく動くかも。


11月20日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


19日の金は小幅上昇。

対ユーロでドル安が進んだことにより、買いがやや優勢となった。

しかし、いくつかの重要イベントを控えていることもあり、小幅な動きとなった。

今日は日本時間22時30分にある10月米CPI(消費者物価指数)、コア指数(エネルギーと食品除く)、10月米小売売上高、深夜4時からあるFOMC議事要旨(10月29~30日分)が重要。

内容次第では大きく動くかも。


11月19日:金予想


今日の上昇確率は62%、下落確率は38%


18日の金は大幅下落。

米国株の史上最高値更新を受けて、金は売りが優勢となった。

マネーが株式に向かう流れの中で、金は売り優勢の展開となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


11月18日:金予想


今日の上昇確率は57%、下落確率は43%


先週末の金は小幅上昇。

イエレンFRB副議長の承認公聴会で金融緩和継続の期待が高まったことから、書い優勢の流れが続いた。

しかし、週末を控えて持ち高調整の売りも出たため、上値は重かった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


11月15日:金予想


今日の上昇確率は47%、下落確率は53%


14日の金は小幅上昇。

注目のイエレン次期FRB議長の発言で、『量的緩和の効果は依然としてコストを上回る』、『景気回復が脆弱な間に、支援を取り除いてはならない』、『量的緩和縮小に時間を設定しない』とあったことから、金は上昇する展開となった。

量的緩和縮小の年内との見方が後退したことで、買い優勢となった。

今日は日本時間19時にある、10月ユーロ圏消費者物価指数改定値が重要。

結果次第では大きく動くかも。


11月14日:金予想


今日の上昇確率は59%、下落確率は41%


13日の金は大幅上昇。

相場下落が続いていたことで押し目買いを拾う動きが出た。

また、原油が急伸したことも買い要因となった。

今日は日本時間深夜0時からある、イエレン次期FRB議長の指公聴会が重要。

内容次第では大きく動くかも。


11月13日:金予想


今日の上昇確率は74%、下落確率は26%


12日の金は大幅下落。

ドル高が進行する中、テクニカルの悪化も伴って大きく下落した。

米景気回復の兆しで、金融当局が緩和縮小に踏み切るとの観測が高まっていることも売り要因となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


11月12日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


11日の金は小幅下落。

先週末に発表された雇用統計で雇用者の伸びが市場予想を上回った流れを受け、下落する展開となった。

しかし、この日はベテランズデーで米債券市場が休場であったため、商いは閑散としていた。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


11月11日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


先週末の金は大幅下落。

10月の米雇用統計が予想外に強い内容だったことを受け、FRBが量的金融緩和の縮小を前倒しする観測が高まり、売り優勢となった。

また、ドル高が進んだことも売り要因となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


11月8日:金予想


今日の上昇確率は52%、下落確率は48%


7日の金は下落。

ECBの予想外の利下げを受け、一時、週の高値を上抜いた。

しかし、その後に発表された米GDPが市場予想を上回ったため一気に売りが加速し、1300ドル割れとなった。

最後は買戻しで1300ドル台を回復して終了した。

今日は日本時間22時30分にある10月米雇用統計、9月米PCE(個人消費支出)、個人所得、PCEコアデフレータが重要。

結果次第では大きく動くかも。


11月7日:金予想


今日の上昇確率は15%、下落確率は85%


6日の金は上昇。

ECBが金融緩和を見送るとの噂を見送るとの噂を背景に、ユーロ高ドル安が進む中、金は買いが優勢となった。

また、原油高が進んだことも金の買いに繋がった。

今日は日本時間21時45分にあるECB定例理事会、政策金利発表、22時30分からあるドラギECB総裁の定例記者会見、22時30分にある7~9月期米GDP速報値が重要。

内容次第では大きく動くかも。

11月6日:金予想


今日の上昇確率は50%、下落確率は50%


5日の金は小幅下落。

10月の米ISM非製造業指数が市場予想よりも強かったことから、下落する展開となった。

量的緩和の年内縮小観測が強まり、下落する展開となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


11月5日:金予想


今日の上昇確率は59%、下落確率は41%


4日の金は小幅上昇。

ドル安によって、買いが優勢の展開となった。

パウエルFRB理事の発言で、量的緩和縮小のタイミングが不確実との見方が強まり、買いが優勢となった。

しかし、週末に雇用統計を控えていることもあって、上値は重たかった。

今日は日本時間深夜0時にある、米ISM非製造業指数が重要。

結果次第では大きく動くかも。


11月4日:金予想


今日の上昇確率は72%、下落確率は28%


先週末の金は下落。

ドル高が進行し10月米ISM製造業指数が市場予想より強い結果となったことから、下落する展開となった。

量的緩和縮小観測が強まったことから、売り優勢となった。

今日は金価格に大きな影響を与えそうなイベントは今のところ特にない。


11月1日:金予想


今日の上昇確率は56%、下落確率は44%


31日の金は大幅下落。

FOMCの声明を受け量的緩和策の長期化観測が後退したことから、大きく値を下げた。

また、中国に金融引き締め観測が出ていることやインドの現物需要が低迷していることも売り要因となった。

今日は日本時間23時にある10月ISM製造業景気指数が重要。

結果次第では大きく動くかも。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。